スケジュール帳

勤怠管理を適切に行うことは人事給与の算定ばかりでなくその事業のスケジュール管理にも大きく影響しますので、的確な勤怠管理に有効なソフトウエアツールの導入をお薦めします。
これには以下の特徴があります。
1.スマートフォン端末を利用しそれを従業員に貸与する形になります。
業務上の通信に加えて私用にも利用できますので福利厚生に寄与しますし、私用通信の費用は自動的に個人給与から天引き徴収しますので過剰な私用電話も抑制できます。
この端末のGPS機能を使用して就業時間中の従業員の位置を精密に判断しますので、管理者が目視で出勤状況を確認する手間が大きく削減されます。
2.従業員の位置情報を残しておくことで公平な勤怠管理を実施でき人事給与の問題が発生した場合にも的確な事実調査が確認できます。
上司と特定部下の間の情実による不当な処遇を排除できますので、素行不良の従業員を事実に基づいて職場から排除することも可能になり、逆セクハラによる企業側の損失を未然に防止することが可能になります。
3.従業員の動態を適切に把握することで過剰な勤怠管理を避け、人事給与に対して従業員のパフォーマンスを最大にする勤怠管理ルールの策定と、実行可能なスケジュール管理の要件を事実に基づき科学的に策定することが可能になります。
4.科学的な勤怠管理は労使双方の信頼を深め、外部の政治団体に教唆された共産主義者等による人事給与への不満やスケジュール管理の反発といった不当な労働運動をいち早く摘発することが可能になります。
5.スケジュール管理に必要な勤怠管理や人事給与以外の要件、例えばコミュニケーション機会の多寡といった要素も評価できます。

勤怠管理とは
勤怠管理やスケジュール管理は、企業の業務における効率化に役立てるために利用されているものです。
単に従業員の勤務状況やスケジュールの確認のためだけではなく、人事給与業務の負担を減らすことによる人件費削減に結びつけたり、あるいは業務上の無駄などを省いてコストの削減を行なったりするために利用されます。
人事給与業務において必要なことは、まず勤務状況の確認がありますが、この作業を自動化することによって人事部の業務を簡略化することができます。
勤怠管理とスケジュール管理の入力や修正作業をワークフロー化することで、煩雑な作業を無くすことができます。
また、人事給与業務においては、業務内容の評価もありますが、こちらも勤怠管理とスケジュール管理の分析により、ある程度は自動化することが可能です。
その分、人件費の削減につなげる効果が生まれることになります。